O脚矯正 骨盤矯正 専門 O脚の矯正・改善は横浜

O脚矯正 骨盤矯正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

O脚矯正 骨盤矯正 美脚センター 横浜院  横浜駅徒歩3分

O脚矯正 骨盤矯正 O脚矯正 例

 O脚矯正ストレッチ - 膝〜足部 -

概要・注意点を必ずお読みになりご利用ください。

23、膝窩筋(しつかきん)のストレッチ
O脚矯正ストレッチ
方法:
床に座りストレッチ側の膝を20〜30度曲げ、外側に膝を倒して軽く押さえる。
注意:
膝の外側に傷みがでるほど圧迫しない。
目的:
膝の後方外側部の安定性に関与する筋肉。ストレッチをして伸縮性を上げる。

24、前脛骨筋(ぜんけいこつきん)のストレッチ
O脚矯正ストレッチ
方法:
床に座り片方の脚はまっすぐ伸ばして、もう一方の脚は、足部をお尻の下に敷いて斜め45度くらいに開脚する。
注意:
お尻はつま先部分を押さえるようにし、膝は跳ね上げる。
目的:
この筋肉が硬縮すると、体重を足裏に均等に分散させる機能が低下し、脚の歪みの原因になる。

25、後脛骨筋(こうけいこつきん)のストレッチ
O脚矯正ストレッチ
方法:
床に座り足を伸ばして片足を曲げ、足の裏の小指側を持ち、手前に引き寄せる。(足を外反、及び背屈させる。)
注意:
踵が浮かないようにして外側に足首をひねるように引っ張る。
目的:
足関節を底屈及び内反させる筋肉。十分な柔軟性がないと炎症(シンスプリントなど)を誘発しやすくなる。

26、腓腹筋(ひふくきん)のストレッチ
O脚矯正ストレッチ
方法:
壁から少し離れて立ち、前腕を壁につける。伸ばしたい方の足を後方へ下げ、膝を完全に伸ばし、踵を床につけたまま、上体を壁の方へ倒す。
注意:
踵が床から離れないようにする。
目的:
腓腹筋およびヒラメ筋は足関節の底屈に最も強く働く筋である。歩行時に足関節を支えているため、日常的にストレッチすることが有効である。
また、腓腹筋は膝関節の膝関節の屈曲にも作用するため膝関節が完全伸展した状態でストレッチを行う。

27 、ヒラメ筋のストレッチ
O脚矯正ストレッチ
方法:
壁から少し離れて立ち、前腕を壁につける。
伸ばしたい方の足を後方へ下げ、膝を少し曲げた状態で、踵を床につけたまま、上体を壁の方へ倒す。
注意:
踵が床から離れないようにする。
目的:
腓腹筋と同様に足関節の底屈に最も作用する筋である。
膝が屈曲した状態では腓腹筋の機能が低下するため、膝を屈曲させてストレッチを行うとヒラメ筋を重点的に伸ばすことができる。


 骨盤周辺  >  股関節〜膝  >  膝〜足部  >  足部周辺  >  上半身  >  エクササイズ編


    


[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター 横浜
神奈川県横浜市西区南幸2-8-9 ブライト横浜ビル8F
TEL:0120-770-255 FAX:045-628-9223
 e-mail info@bikyaku-y.com


O脚矯正骨盤矯正O脚矯正 改善例ご推薦体験談
相互リンク歓迎整体院リンク1 整体院リンク2リンク 1 2 3 4 5 6個人情報保護ご意見・ご感想
O脚矯正 新宿|O脚矯正 東京|O脚矯正 大宮骨盤矯正[整体学校 整体スクール]
   O脚矯正 骨盤矯正専門 Copyright(C) 2011 o.k shinjukuten All Rights Reserved