O脚矯正 骨盤矯正 専門 O脚の矯正・改善は横浜市

O脚矯正 骨盤矯正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
O脚矯正 骨盤矯正 美脚センター 横浜院  横浜駅徒歩3分

O脚矯正 骨盤矯正 O脚矯正 例

  基礎知識

徒手療法とは・・・
施術者が直接患者の身体に触れ、患者の身体を操作、または患者自身に動いてもらったり、
患者の身体を他動的に動かし痛みや機能を改善させるもの。
つまり、手術や薬物の投与などをせずに人間の手(手技)のみで治療するということ。

先天的とは・・・
生まれる前から身についているもの、とくに親から遺伝によって受け継いでいるものの性質

後天的とは・・・
生まれてからのちに身にそなわるさま

他動的とは・・・
患者さんは力を抜いたままでいて、施術者が動かすこと。

腱とは・・・
筋肉は腱によって骨につながっている。
筋肉が収縮することで作り出された力は、腱によって骨に伝えられる。
腱にはゴムのような弾性があるが、筋肉のような伸縮性はない。
腱は小さな部位にまで力を伝達することが可能であり、
大きく厚みのある筋肉の部分を関節から遠ざけることができる。

腱鞘とは・・・
腱を包んでいる鞘(さや)状の結合組織。
中に潤滑液があり腱の滑りをよくしている。

靭帯とは・・・
靭帯はすべての関節に張り巡らされており骨・筋肉をつなげ補強する働きを行っている。
関節に安定性を与え、ズレない、あるいは外れないように骨と骨とを橋渡ししている組織である。
靭帯にはゴムのような伸縮性があり、数本のコンビネーションで複雑な動きを可能にしている。

椎間板とは・・・
背骨には、頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個の計24個の骨があり、積み木のように重なりあっている。
(仙骨・尾骨は省略)。
その骨と骨との間にはクッションの役目をしているゼリー状の物質(一種の軟骨)が椎間板である。

関節とは・・・
骨と骨をつなぐ部分であり、全身に68個あるが構造は共通している。
固い骨と骨が直接ぶつからないように、
わずかな隙間(関節腔)は粘りのある関節液(滑液)で満たされ、
骨の先を弾力のある軟骨が覆ってクッションの役割を果たしている。
軟骨は水を80%も含む弾力のあるやわらかい骨で、
コラーゲンという繊維成分を含み強さを保っている。
関節全体は関節胞に包まれ、その内側にある滑膜が関節液を分泌して、
関節の動きをスムーズにして栄養を補給する。

半月板とは・・・
膝の内側と外側に1つずつあり、上から見ると内側はC型、外側はO型の形をしており、
線維軟骨という比較的柔らかい組織でできている。
不安定な大腿骨と脛骨の間にあって、両者を安定させ、
歩行時に膝に伝わる荷重を分散させる重要な役割を担っている。
膝の屈伸に伴って、付着する筋肉が作用し前後に移動する。

偏平足とは・・・
足の裏の凹凸がなく、平らな状態になっている足のこと。
「土踏まず」と呼ばれる凹んだ部分が見られない状態。

外反母趾とは・・・
足の親指が第二指(人差し指)のほうに屈曲(外反)しているものをいう。

 
ここで提供する情報は必ず自己責任にて行ってください。
[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センターのWEBサイトで
提供した情報において生じた損害は一切の責任を負いません。

掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用等をを禁じます。
O脚 改善のお手伝い

[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター

    



[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター 横浜
神奈川県横浜市西区南幸2-8-9 ブライト横浜ビル8F
TEL:0120-770-255 FAX:045-628-9223
 e-mail info@bikyaku-y.com


O脚矯正骨盤矯正O脚矯正 改善例ご推薦体験談
相互リンク歓迎整体院リンク1 整体院リンク2リンク 1 2 3 4 5 6個人情報保護ご意見・ご感想
   O脚矯正 骨盤矯正専門 Copyright(C) 2011 o.k shinjukuten All Rights Reserved