O脚矯正 骨盤矯正 専門 O脚の矯正・改善は横浜市

O脚矯正 骨盤矯正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
O脚矯正 骨盤矯正 美脚センター 横浜院  横浜駅徒歩3分

O脚矯正 骨盤矯正 O脚矯正 例



歩くことは最高のエクササイズ

歩き方として、つま先の向きはまっすぐ進行方向へ向け、歩幅は大きめに、かかとからついて親指で地面を蹴ることが重要です。
現代人は指の感覚がない人が多く、指を使って歩いている人が少ないといえます。
砂浜を裸足で歩いたことがある方は分かると思いますが、
砂浜は5本の指で砂をしっかりつかまないと歩きづらく、少し歩いただけで、指の疲れや、足全体の疲れを感じた経験がある方も多いかと思います。
本来、5本の指が機能していれば、このような急激な疲れは起きないものです。
また、膝を曲げてすり足のような歩き方をすると、大腿の前面の筋肉である大腿四頭筋が機能亢進し、
硬くなり、大腿後面の筋肉である大殿筋や大腿二頭筋は機能低下を起こし弱化しやすくなります。
そして、常に膝を曲げた状態で荷重がかかり続けることで膝の負担が増え、膝痛の原因となります。
足の運び方としては、モデルのような一つの直線上を歩く歩き方(綱渡りしているような状態)はせず、
右足左足それぞれの直線上をまっすぐ歩くようにします。
歩く時間は体調も考慮する必要がありますが、できれば30分〜40分は連続的に歩行します。
注意点としては、歩く際、最初に地面に接する足部に歪みがあると、
歩くこと自体が身体全体の歪みへと繋がってしまいますので、
専門院にて足部の矯正(特に距腿関節、距骨下関節の矯正)をしてから歩くことが重要となります。


自転車

長時間自転車に乗ることはおすすめできません。
骨盤の中央には仙骨という部分があり逆三角形の形をしており、
寛骨という左右二つの骨の間に挟みこむように位置しています。
つまり構造的に、重力と上半身(背骨、頭、腕)の重みにより、
仙骨という楔(くさび)を下に打ち込んでいる状態といえ、骨盤を安定させていることになります。
自転車にのると、サドル部分がこの楔である仙骨を上方に押し上げるため、
骨盤が不安定になり、骨盤の歪みを誘発する可能性が大きくなります。


靴の選び方

足のサイズに合った、きつ過ぎずゆる過ぎないものであり、
靴の前方が上方に反ってないもの(靴の中で指が浮かないような状態)がよく、
指に力がきちんと入るものを選びます。
現代では履く機会が少ないが下駄や雪駄は非常に良い履物であり、
自然に5本の指が機能し、鼻緒があることで親指重心へと導くことができます。
ビーチサンダルは下駄や雪駄と似たようなものであると思われますが、下地が薄く、指の踏ん張りがきかないので、あまりよい履物とはいえません。
ハイヒールは指が使えず、指の付け根に荷重が集中し、外反母趾の原因となります。
また、第二の心臓とも言われるふくらはぎの筋肉が常に短縮し、機能低下を起こすことで、
血流障害、むくみ、冷えへと繋がりやすい履物ともいえます。

 
ここで提供する情報は必ず自己責任にて行ってください。
[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センターのWEBサイトで
提供した情報において生じた損害は一切の責任を負いません。

掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用等をを禁じます。
O脚 改善のお手伝い

[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター

    



[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター 横浜
神奈川県横浜市西区南幸2-8-9 ブライト横浜ビル8F
TEL:0120-770-255 FAX:045-628-9223
 e-mail info@bikyaku-y.com


O脚矯正骨盤矯正O脚矯正 改善例ご推薦体験談
相互リンク歓迎整体院リンク1 整体院リンク2リンク 1 2 3 4 5 6個人情報保護ご意見・ご感想
   O脚矯正 骨盤矯正専門 Copyright(C) 2011 o.k shinjukuten All Rights Reserved